これだけは知っておきたい「家づくりの基礎用語」

いい家を建てるための基礎用語

多くの方が人生で一度の経験の住宅購入。

その住宅購入で「失敗しないため」の基礎用語をご紹介します。

住宅会社選びの際の一つの基準になりますよ。

​「C値」- 家のすき間 -

「シーチ」と呼ばれている値(相当隙間面積)です。

ざっくり言えば「ハウスメーカーの施工力」「建てる大工さんの腕の良し悪し」といったものです。なぜなら、このC値は家のすき間を表しているからです。

家は柱や壁、窓などで構成されていますが、どうしても施工の際に、すき間ができてしまいます。C値は1平方メートルあたりのすき間の面積を示す値ですので、C値が小さければ小さいほど、家の中にすき間が少ないと言えます。

C値自体は昔からある基準値ですが、近年では、この「C値○○以下!」を前面にPRしているハウスメーカーも徐々に出てきています。C値が高いとどうしても湿度がたまり、結露し、外側からは見えない壁の内側の断熱材にカビが生え、腐ってしまう場合があります。

高気密・高断熱を言っているハウスメーカーの人に「お宅のC値の基準はいくつですか?」と聞いてみると良いかもしれません。

すぐに回答できるスタッフならまずは基準をクリアー。

いくつだっけ?と即答できないとアウトかと…。

<日本全国の相当隙間面積(C値)>

次世代省エネルギー基準(日本の地域によって異なります)

 

・北陸地区:2.0以下〜が基準値

・キズナのC値の基準値:1.0以下

外断熱
外断熱

ただ今、第3者機関による「​C値」の測定中(2020年6月)

​「Q値」から「UA値」へ。- 断熱基準 -

上記のC値の他にも、住宅の省エネルギーを表す値として

「Q値」と「UA値」があります。

​Q値は断熱性能、熱が逃げにくい「熱損失係数」、数値が小さいほど、損失しにくい家と言えます。

この​Q値ですが、現在は省エネルギー基準が改正され、UA値で断熱基準が判断されるようになっています。

近年は断熱材や窓の性能の向上などで、断熱性能は各社ともに上がっていると言えますが、単純にUA値(断熱基準性能値)を下げることだけ(断熱性能を上げる)を追求すると、家の内側に湿気が溜まり、外に逃げにくい状況をつくる場合もあります。

 

そこで、家全体を包み込む「外断熱」や家全体を計画的に通気・換気させる家づくりが、近年、注目されています。

​「ZEH住宅」にした方が良い?

ZEH(ゼッチ)住宅とは、「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略称で、消費エネルギーを減らし、つくるエネルギーを増やすことによって、つくるエネルギーが消費エネルギーを上回ることを目指した住宅のことです。

ZEHを満たすには、「断熱性能(UA値)」「省エネ性能」「創エネ(太陽光発電など)」の3つの要素が必要で、それぞれにクリアすべき基準が設定されています。

ZEH(ゼッチ)住宅に認定されると、補助金(グリーンポイント)をもらうことができますが、ZEH申請に費用が掛かるため、もらえる補助金(グリーンポイント)と申請代金とのバランスを見ながら検討されることをオススメします。

また、太陽光発電は北陸地区ではやはり日照時間が短いため、期待したほどの発電を生まないケースや万が一火災が発生した時のリスクなど、総合的に検討されることをオススメします。​